佐賀市医師会について

会長挨拶

 このたび、上村会長のご推薦をいただき会長選挙に出馬、4月25日の選挙で当選し、また6月22日の佐賀市医師会定例総会にて会長に選出され、佐賀市医師会会長に就任させていただきました。
 5期10年の上村体制を引き継ぐ事になりましたが、今回は若い先生にたくさん入っていただき、伝統ある佐賀市医師会に新しい風を吹き込むことで、より開かれた医師会を目指す所存であります。副会長には草場謙先生(看護学校専門課程、医事紛争担当)、光岡正純先生(救急医療、在宅当番、医事紛争担当)に就任していただきました。新しい理事として西隆久先生(S34生)、井上通朗先生(S41生)、美川優子先生(S42生)、南里正晴先生(S44生)、松永高政先生(S52生)の5人の若い先生が参画されました。どんな小さな事案でも理事会、運営会議の協議事項にあげ、役員全員の声を聴き、みんなが納得いく結論を出していこうと考えております。ガバナンスの徹底を行います。
 医師不足、看護師不足はいつまでも続いています。今年4月には県立病院跡地に新佐賀市医師会立看護学校が開校しました。この建設に際しては上村前会長をはじめ歴代の会長の莫大なるご尽力と会員全員のご協力とご理解があってこそ完成したものです。今後多くの優秀な准看護師、正看護師を育てていきたいと思います。そして卒業生たちには、地元佐賀に残って地域医療のために活躍して頂きたいと考えております。
 休日夜間こども診療所は看護学校、医師会館との合築になりました。以前ほほえみ館東側にあった時よりも、駐車場も診療所に近いところに多数設置できましたし、はるかに安全かつ利用しやすくなったと考えています。こども診療所の運営に関しましては橋野かの子先生に担当理事を務めていただきます。これも佐賀大学小児科医局の全面的なバックアップと小児科開業医の会員の先生方のご協力があってこそ成り立つものです。どうぞ引き続き宜しくお願い致します。
 2025年問題として(実際は2030年にはもっと深刻な問題になります)重要な地域包括ケアシステムの構築に関しては、佐賀市内5つの拠点病院を中心に研修会等をこれからも引き続き行っていく予定です。枝國源一郎先生並びに鮫島隆晃先生を担当理事とし、ますますの充実を図りたいと考えています。
 もう一つ大きな課題として地域医療構想があげられます。幸いにも佐賀市は佐賀大学医学部附属病院と佐賀県医療センター好生館のツインタワーがあり、高度急性期はこの二つの病院にお任せしたいと考えております。NHO佐賀病院と佐賀中部病院はこれからも急性期病院として活躍されることをお願い致します。
その他の急性期病院は、今後急性期を強化するか回復期病棟(回復期リハ病棟か地域包括ケア病棟)への転換が必要と考えます。また慢性期に関して、厚労省は2020年までに介護療養型医療施設を廃止する方針です。自院の事情をよく考え、シミュレーションしながら介護医療院への移行も考慮する必要があります。佐賀県では医療療養型病棟と介護療養型病棟は介護医療院への移行は可能ですが、一般病棟からは今回は移行ができませんので注意が必要です。
 今年4月に行われた医療・介護同時改定での診療報酬(本体)は+0.55%、介護報酬改定率は+0.54%となっています。中身を詳しく見ていくと一部は喜ばしい改訂もありますが、大半は厳しい改訂になっていると思います。よって自院の特徴をもう一度見つめ直し、よりよい立て直しを重ねていく必要があると思います。理事全員が自分の担当部門は責任もって担当し、今まで以上に勉強していかなければ、この厳しい医療情勢には太刀打ちできません。
 新しい理事も初めての経験でしょうが、甘えることなく頑張ってほしいと思います。また当然のことですが自院のこともおろそかにせず、最新の情報が入手できることを武器としてそれぞれの病院を発展させていただきたいと思います。
重ねて言いますが今以上に開かれた佐賀市医師会を目指していきます。そのためにも知り得た情報はどんどん発信して行きたいと思いますし、会員全員の声に耳を傾け、早めに対処することを誓います。皆様の温かいご支援、ご協力をお願い致します。

佐賀市医師会のご案内

概要

  • 名称

    一般社団法人 佐賀市医師会

  • 所在地

    〒840-0054 佐賀市水ケ江1丁目12-11

  • 電話

    0952-23-1414

沿革

昭和22年12月1日 社団法人 佐賀市医師会設立認可
佐賀市松原73番地(織田簡一県医会長宅)に事務所設置。
その後、旧市役所2階に事務所移転。
昭和34年10月 佐賀県医師会館(西堀端・与賀町)内に事務所移転。
昭和48年 4月 看護学校新築移転に伴い新中町に移転。
平成12年 4月 佐賀市急患センター休日夜間こども診療所開設。
平成17年 9月 休日夜間こども診療所の診療日を拡大。
(平日夜間診療開始)
平成18年 4月 佐賀市・佐賀郡医師会合併により
「新生」佐賀市医師会誕生。
平成25年 4月1日 一般社団法人 佐賀市医師会 移行認可
平成30年 4月1日 看護学校新築移転に伴い現在地(水ケ江)に移転。

事業計画

佐賀市医師会の事業計画は、“地域医療の確保を基本理念とし、会員が日常の医療活動に専念できるよう、立案、実践すること”を目的としている。
本年も、この目的達成のため次の事業を行う。

  • 医道昂揚・医師倫理の確立
  • 医政・学術・医療技術等の振興
  • 地域社会活動の積極的推進
  • 医師会業務処理体制の整備と事業の推進
  • 看護専門学校の運営と教育振興
  • その他

歴代会長

初 代 内野総二郎 9代目 宮﨑七郎
2代目 副島鎮雄 10代目 馬場常澄
3代目 美川三郎 11代目 凌 俊朗
4代目 児玉来三 12代目 美川隆造
5代目 前山彦人 13代目 横須賀 巖
6代目 加藤英一 14代目 上村春甫
7代目 上村周甫 15代目 吉原正博
8代目 松下英志

交通のご案内



  • 看護専門学校のご案内
  • 休日当番医(携帯版)
  • 99さがネット
  • 佐賀市休日夜間こども診療所
  • 佐賀市医師会立看護専門学校ホームページ